J-OSLER・内科専門医攻略のまとめ【随時アップデート】

おちば

こんにちは!おちば(@autumnleaveskid)です!

数年前に始まった新内科専門医制度、通称「J-OSLER」。

色々な場所で話題になっているこの制度ですが、研修医の先生方や学生さんは、いまいちJ-OSLERのイメージがわきにくいかもしれません。

また、専攻医の皆さんも、J-OSLERを実際に始めてみて「思ったよりしんどい」「スムーズに進める方法がないか」と悩んでいる方は多いはず。

これまで当ブログでは「内科専攻医は忙しい」という前提に立った上で

  • 何からどう始めればスムーズか
  • どうすれば効率が良いか
  • コレを知っていたら楽だった

などについて、実際の僕の経験をふまえて記事を作ってきました。

おちば

僕は、内科専攻医2年目には症例登録、病歴要約まですべて必要な量を作成しました。

このページでは、いままで作った記事を順序立ててまとめることで、知りたい情報を調べやすくしてみました。

随時アップデートしていきますので、ブックマークなどをして繰り返し訪問していただき、気軽に読んでもらえたら嬉しいです^^

目次

J-OSLERを始める前に

初期研修医の方などは、J-OSLERって一体どんなものなのか?何から始めたらいいのか?というイメージがわかないかもしれません。

概要が知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

●育休を取得する予定でもJ-OSLERは6ヶ月までなら休んでも留年にはなりません。

●専攻医のあいだに結婚・出産を経験したら、J-OSLERと並行してやっておきたいことがあります。

●賛否両論ありますが、個人的に初期研修医のうちからJ-OSLERをする必要はないと思っています。

①症例登録

J-OSLERの第一関門としての症例登録。

  • 症例160例を、70疾患群登録する

ことが必要です。

外部の審査はないので、質より量を意識して、早く登録していきましょう。

●効率よく進めるには、テンプレを使っていきましょう。

●ただし、後に待っている病歴要約のことを考えると、登録はやみくもにすすめていくのではなく、全ての疾患群を埋めることが大切です。詳細は以下にまとめています。

どんなペースで症例登録をしていくべきか、悩んでいる方はこちらの記事をペースメーカーとして使ってみてください。

②病歴要約

次に必要なのは病歴要約です。

各診療科で症例登録したうち、

  • 29症例
  • 主訴、現病歴、既往歴、入院後経過、考察など、形式に則ったレポート

を作っていきます。

●文献の引用方法など細かい点に注意が必要です。

●病歴要約の検査結果は、テンプレートを使うことで時短しましょう。

●考察を作る時に困ったら、AIをうまく活用しましょう。

あっという間にPubmedから文献を拾ってきて考察が完成します。凄まじい時短効果があります。

●自分で本を使って勉強しつつ調べるなら、エビデンスをいっぱい載せているものから孫引きするのがオススメです。

●29症例を作り、指導医のOKが出たら、プログラム責任者に「一次評価」という形で評価をしてもらいます。それが終われば、外部指導医による「二次評価」です。

③学会参加

J-OSLERは、レポートさえすれば終わり・・・ではありません。

「学会参加」は、意外と面倒で、どの学会でも良いわけではありません。自分の参加予定の学会がカウントされるかどうかは必ず事前にチェックしておきましょう。

●学会発表の写しをJ-OSLERのページにアップする際は、抄録のスクショを使いましょう。

④J-OSLERでその他にやること

レポートと学会参加さえ乗り切れば、あとはもう一息。

  • 院内の講習会
  • 多職種評価
  • プログラムの評価
  • 指導医の評価

など、細かい作業をこなしましょう。

講習会の受講」はやや面倒で、病院によっては開催していなかったりすることもあります。

回数が足りていなくて困っているのであれば、内科学会が公式に出している「内科学会専門医共通講習 e-learning」を使ってみてもいいかもしれません。(青字をクリックすればリンクに飛べます)

1講座2200円(税込)と有料ではありますが、e-learningなのでいつでも受講可能なのが便利ですね。

⑤内科専門医試験、そしてサブスペ専門医取得を目指そう

症例登録、病歴要約の二次評価、学会・講習会参加、細かい作業が終わったら、J-OSLERは無事終了です!お疲れ様でした。

あとはゆっくり過ごしてくださいね・・・と言いたいところですが、その後もまだまだ待ち受けているものがあります・・・!💦

J-OSLERが終わったら、内科専門医試験が待っています。合格率は高いですが意外と難しく、きちんと対策が必要です。

●使った参考書についてまとめました。

実際に受けてみた感想と、勉強スケジュール、上記で挙げた参考書の進め方を記事にしてみました。

●Twitterの有志のみなさんと協力して、第2回の専門医試験問題の復元もしました。

復元する作業は大変でしたが、いろいろな方と一致団結して問題を作れたのはとても楽しかったです(^^)

※ちなみに、第1回の過去問についても、先輩方が復元しておられます。

●内科専門医試験に無事合格したら、専門医の更新についてなど情報収集を忘れないようにしましょう。

●せっかく内科専門医を取ったなら、サブスペJ-OSLERについても同時並行で準備を勧めたいですね。

●腎臓内科専攻医向けに、腎臓J-OSLERのこともまとめています。

●腎臓内科志望であれば透析専門医の要件についてもあわせてチェックしておきましょう。

⑥内科専門医+サブスペ専門医を取得したら

専門医を取得したら、あとは自分の目指す道を進んでいけますね。

大学院に行きたいのであれば行くもよし、指導医を取るなら指導医を取るもよいと思います。

一方で

・家庭を持ったので、もっと家族との時間を増やしたい

・医師をしながらも副業を始めたり、別の分野の仕事に挑戦したい

・自分の趣味を充実させたい

など思うのであれば、医局や急性期病院を辞めて、あえて働き方にゆとりを持つのも選択肢です。

おちば

一度きりの人生。どんな道を選ぶにせよ、他人に流されず、自分の後悔しない生き方をしたいですよね!

●医局をやめようかどうしようか悩んでいるのであれば、情報収集と価値観の棚卸し(自分の大切なものがなにかよく考える)の2つをキッチリ行うのがいいと思います。

僕は家族との時間を増やすために医局をやめる選択をしましたが、その過程でたくさんの本を読みました。

自分の人生をよい方向に持っていくために、必ず役に立つと思います。

まとめ

J-OSLERは大変ですが、きちんと対策をすれば期間内に終わらすことは難しくありません

早めに終わらせて、自分の本来やりたいことに集中できるよう、頑張っていきましょう

おちば

このブログが、みなさんのお役にたてば幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの男性医師。内科専門医。腎臓内科の見習い。
忙しすぎる若手医師の同志に向けて、初期研修、J-OSLER、専門医試験、育児、資産形成などのお役立ち情報を、自身の経験をもとにゆるゆるアウトプットしています。趣味は音楽、読書、公園巡り。

コメント

コメントする

目次