J-OSLER

【J-OSLER攻略】忙しい人のためのJ-OSLER講座【準備編】

こんにちは!

J-OSLER第2世代のおちばです。

内科専攻医を希望している方は、J-OSLERと呼ばれる制度を知っておられると思います。

でも、

「レポートの登録どのくらいのペースでやってけばいいかわからない・・・」

「時間がかかりそう・・・」

「めんどくさい・・・」

など、不安(不満?笑)や心配は多いと思います。

僕も去年、専攻医をスタートした時点では、わからないことだらけでした。

しかし、J-OSLER留年なんてしようものなら、後輩たちに症例を奪われたり、さらに忙しくなる業務のせいでますます後回しになりで、最悪の場合専門医になれないリスクがあります。

今回、症例登録と病歴要約の規定数までなんとかクリアし終えた僕が、J-OSLERを進める上でのポイントをお伝えしたいと思います。

おちば
おちば
なるべく効率よく、けれど無難にJ-OSLER乗り切っていきましょ!
★このシリーズでは、J-OSLERを進める上で最低限知っておいたほうが良いことそれなりに無難に乗り越えるためのコツをお伝えします。
★そのため、完成度の非常に高いレポートづくりを目指している、意識高めな先生には参考にならないと思いますのであしからず!

本日は、

①最低限知っておくべき制度内容

②スムーズに進めるために、準備しておくべきもの

の2つについて説明します!

J-OSLERを進める上で、知っておくべき制度内容

そもそもJ-OSLERってなんなん?という話ですが、

「新・内科専門医制度 研修手帳 (疾患群項目表)」には、こんな風に書かれています。

 日本内科学会では,プログラムの研修状況を可視化して評価できるよう,初めての試みとして『日本内科学会専攻医 登録評価システム(J-OSLER)』を開発中である。専攻医は全国のいずれかの内科研修プログラムに登録後、その研修内容(主に症例経験)を Web 上の専攻医登録評価システムへ簡潔に登録し,指導医がそれを確認・評価する.この専攻医登録評価システムを用いることにより,専攻医,指導医,施設群におけるプログラム管理委員会,日本専門医機構内科領域研修委員会がそれぞれの立場で管理画面を確認することによって,プログラムの進捗状況を確認することができる.このことによって,プログラム内での研修状況を確認・評価することにとどまらず,全国的な研修状況を把握することも可能となり,プログラム達成に向けて支援や奨励に活かすことも期待できる.

 

おちば
おちば
・・・めっちゃ長いやん。二度と読まん。

まとめると、

指導医に評価してもらいつつWeb上で症例経験を確認できる形にする

ってことです。

内科専門医取るのに必要なこと

内科専門医を取るためにみなさんが最低限やるべきことは、J-OSLER以外にもあります。

専門医を取るのに最低限必要なものをリストアップしてみました。↓

症例登録:専攻医2年目までに120症例、3年目までに160症例
病歴要約:専攻医2年目までに29症例
学会:発表(学会or論文)2回+年2回(3年で6回)学会に参加
院内の講習会:年2回(3年で6回)参加
JMECC:1回参加(初期研修中に参加していればOK)
 

※厳密に言えば、これらにはすべて、「以上」がつけられているので、もっと症例登録したり病歴要約してもOKです。が、最低限なので略しています。

※細かいことをいうと、これ以外にも自己評価やプログラム評価等ありますが、★を打ち込むだけの作業なので略してます。

③〜⑤に関しては、各自で忘れないように参加していただく他ないと思います。

①と②は、2-3年間かけて継続的にやり続けていくことになります。

①と②のWebシステムのことをJ-OSLERと呼ぶようですね。

J-OSLER=症例登録+病歴要約
 
 

では、症例登録と病歴要約って似たような四字熟語ですが、それぞれ何を指すんでしょうか?

症例登録=症例の簡単なまとめとその感想

症例登録は、患者の病歴を500字以内でまとめ、感想文を300字以内で書くことを指します。

専攻医が終わるまでに160症例の登録が必要です。多いですね。

一例にかかる時間は、15分〜1時間といったところでしょうか。あまり時間をかけすぎないのがポイントです。

書くポイントについては、こちらにまとめてます。↓

【J-OSLER攻略】忙しい人のためのJ-OSLER講座【症例登録する前に知っておきたい3つの最重要ポイント】 こんにちは! 内科専門医を目指すみなさんは、J-OSLERと呼ばれる制度を知っておられると思います。 でも、 レポ...

病歴要約=正式なフォーマットのレポート

病歴要約は、症例登録を行った中でさらに詳しいレポートを作る作業です。

症例について主訴、現病歴、検査所見、入院後経過、考察など記載します。

初期研修の時のレポートに近いですが、考察はより深い内容を求められる感じです。

こちらは専攻医が終わるまでに29症例の登録が必要です。

一例にかかる時間は速くて1-2時間、長くなると3-4時間以上といったところでしょうか。

指導医にチェックしてもらって訂正する作業もあるので、時間はそれなりにかかります。

【J-OSLER攻略】忙しい人のためのJ-OSLER講座【病歴要約の9つのポイント】 こんにちは^^ 内科専門医を目指すみなさんは、J-OSLERと呼ばれる制度を知っておられると思います。 でも、 ...

J-OSLERを進めるにあたって準備すべきもの

さて、J-OSLERを進めていく上で以下のものを常に確認できるようにしておくべきです。

研修手帳

この手帳に「疾患群」なるものが載っており、症例登録していくときに参考になります。

印刷してもいいですが、データでもっておくのがおすすめです。

以下の公式ページからダウンロードできます。

J-OSLER研修手帳

病歴要約 評価の手引き

こちらは、病歴要約を作成する際に参考にします。

特に参考にするページはこちらです。

こちらも印刷してもいいですが、データでもっておくのがおすすめです。

僕は、メモアプリにスクショを貼り付けて、どの症例を病歴要約にするか考えながらまとめてました。

こちらも公式ページからダウンロードできます。

病歴要約の手引

退院サマリの担当患者一覧

みなさんの研修病院では、退院サマリから患者一覧を印刷することができるはずです。

それを手元に持っておき、症例登録を提出するたびにチェックするのがオススメです。

これは、どの症例を登録したか忘れないようにするために使います。

なんでこんな面倒なことをするのかというと、症例登録をしても指導医の承認が終わらなければJ-OSLERのサイト上での確認はできないからです。

内科専門医機構は「受け持ったらJ-OSLERに随時登録するように」としています。

しかし、言わずもがなですが、後期研修医は多忙です。

ただでさえ慣れない専門分野の診療を勉強していて、コロナが流行していて発熱外来の負担もある中で、のんびりと症例登録することができるでしょうか・・・?

おちば

僕は少なくともできませんでした!笑

なので、時間をひねり出してどこかでまとめて症例登録するしかありません。

面倒かもしれませんが

①退院サマリから担当患者一覧を印刷

②時間が空いたときにまとめて症例登録

③登録が済んだ症例はマーカーorチェックを入れる

などして、後で見ても登録したかどうかすぐに分かる形にしておくのがオススメです。

 

おちば
おちば
患者一覧は個人情報。

家に持ち帰らず、病院内で使うようにね。

病歴要約用のテンプレートを作る

病歴要約を作っていく中で面倒な作業の一つに検査結果の打ち込みがあります。

毎回単位を打ち込むのも時間のムダなので、テンプレートをWordなどで作っておくのがオススメです。

しかし、わざわざ空欄のテンプレートを作るのも手間なので、

①まずは1つ、病歴要約を作ってみる

②それをテンプレートにして次の病歴要約を作る

という流れが良いかと思います。

おちば

実際の作業を理解したり、書くことに慣れるためには、とりあえず1症例の病歴要約を早めに作ってみるのがおすすめ。

ただ、僕の体感では1例目を作りあげるまでが一番しんどいはずです。笑

なるべく楽に1例目を作りあげるために、検査結果のテンプレートを作ってみました。

【J-OSLER攻略】忙しい人のためのテンプレート①病歴要約の検査結果編【コピペOK】 専攻医くん J-OSLER、検査結果を毎回打ち込むの面倒くさい・・・ 上級医さん そんなことでブーブー言っていたら、立派な内科...

よければ参考にしてみてください^^

J-OSLER攻略のコツ【準備編】まとめ

今日のまとめです。

★内科専門医を取るのに必要なのはJ-OSLERだけではないので注意。
★症例登録と病歴要約が大きな壁。
★準備すべきもの:研修手帳、病歴要約手引、担当患者一覧、(病歴要約のテンプレ)
 
 
※余談ですが、初期研修医の時点からJ-OSLERを進めるべきか?という議論があります。
 
 

準備として症例登録用の文章や病歴要約を作成しておくべきか?ということですが、個人的には

★症例登録用の500字まとめくらいは作っておいてもいいが、必須ではない

と思います。

なぜなら、字数制限やフォーマットが厄介で、一度しっかり作りこんでいても、大幅に後で書き直しになる可能性だからです。

おちば

あくまで個人的な意見ですが、初期研修中は、先のことを考えすぎず、初期研修でしかできないことをじっくりのんびり楽しむのが良いと思いますよ!

■おすすめの本

・J-OSLERをスムーズに進めるには、仕事のスピードアップが必須です。

・こちらの本は仕事の効率化に参考になるかもです。

●J-OSLERを進めていく上で、病院から家に参考書を毎回持って帰るのは大変です。

個人的に、参考書は電子書籍化をするのがおすすめです。

医師が、電子書籍化(自炊)をすべき3つの理由 こんにちは! 突然ですが、みなさんは医学書について、本を使われていますか?それとも電子書籍として使っていますか? 僕は圧倒...

スキャナーと裁断機は以下の機種を使っています。

*********

J-OSLERを進める作業は本当にしんどいです。

こんなに忙しいのに・・・やってられるか!と思う気持ちはよーーーーく分かります。笑

しかし、後半に先延ばしにすればするほど、実臨床が楽しくなってくる学年になってもレポートを書くという雑務に追われる羽目になりますよね💦

計画的に進めて、さらっと乗り越えてしまいましょう!

参考になれば幸いです!

ABOUT ME
おちば
アラサーの男性。内科医。一児の父。 忙しすぎる若手医師に向けて、初期研修、J-OSLER、専門医試験、育児、資産形成などのお役立ち情報を、自身の経験をもとにゆるゆるアウトプットするブログです。趣味は音楽、読書、公園巡り、電車。