J-OSLER

【男性医師の育休】J-OSLERと育休、相性が良い3つの理由

医師

子どもが生まれたら、育休を取りたいな!

医師

育休って専攻医でも取れるのかな?

そんな研修医、専攻医の先生のための記事です。

一般的に忙しいと言われることの多い医師という職業ですが、育休を取得するのはいつが最適なのでしょうか

  • 学生
  • 初期研修
  • 専攻医
  • スタッフ

などなど、様々な選択肢がありますよね。

おちば
おちば
僕は内科専攻医の立場で育休を取らせてもらいました。

育休をとってみて気づいたのですが、内科専攻医のカリキュラムとしての内科専門医制度(通称J-OSLER)は、基本的には評判が良くないのですが、育休取得の観点からは「意外と相性がいいかもしれない」と感じたので、考察していきます。

J-OSLERと男性育休の相性が良い3つの理由

①ローテーションの合間に育休が取れる

新内科専門医制度では、様々な診療科の症例を経験する必要があります。

具体的には、15の診療科・70の疾患群をレポートにする必要があります。

そのために、内科専攻医は

  1. ローテーションせずに1つの科で研修
  2. ローテーションしながら複数の科で研修

の2通りの方法があります。

①の場合、自分から他科の医師に相談し、症例の担当医に入れてもらう必要があります。

おちば

他科の先生とのある程度のコミュニケーションを取ることが必要なため、なかなかスムーズに症例集めをするのが難しいです。

②の場合、それぞれの科をローテーションしている時に担当した症例がそのままレポートに使えます。

アイコン名を入力

自分の志望科での研修期間は短くなってしまいますが、症例を集めやすいですね。

こういった背景から後期研修になってからもローテーションを選択できる病院が増えました。(病院によっては専攻医の希望を聞いて①と②を選べることもある)

ローテーションの研修のメリットとして、一定期間で専攻医が入れ替わるため、職場からの「育休でいなくなった感」が薄く、気まずさが少ないことが言えます。

僕自身、育休中にたまたま病院に行ったときに

上級医さん
上級医さん
育休を取っていたんだね!最近見かけなかったから、他の科をローテしてるかと思ってたよ

と言われたこともあります。笑

育休を取ることでひどく目立ってしまったり「迷惑なやつだ!」と後ろ指刺されるのが心配でしたが、案外そんなことはありませんでした。

②育休中にレポートを作る時間ができる

平日に臨床をしながらJ-OSLERのレポートを作るのは、ストレスです。

かといって休日に家族や友人との時間を割いてまでレポートするのも嫌ですよね。

おちば

レポートの時間の確保は多くの専攻医が直面している問題だと思います。

実際、僕も育休開始の時点(専攻医2年目)で、症例登録は160個中80例、病歴要約は29個中3例程度と、進捗はイマイチでした。

しかし、育休を取ることで、日常業務から離脱させていただいた結果、(子育てはあるものの)レポートを作る時間を確保することができました。

具体的には、

★昼の寝かしつけをした後の1時間をJ-OSLERする

と決めて過ごしたところ、3ヶ月程度で専攻医3年目までに必要な症例登録と病歴要約を全て終わらせることができました。

未就学児をひとりで世話しながら家事もすることになったので、非常にハードな半年間でしたが、生活リズムはある程度整っていれば、定期的に時間を作れます。

(もちろん、お子さんがある程度寝付きが良くないと難しいですが・・・!)

また、一時保育が使えるようになれば、預けている間の時間も有効活用できます。

おちば

夜泣き対応で睡眠時間が取れないなど、体力的にしんどい時は無理をしないほうがいいですが、仕事をしていた期間よりは余裕を持ってレポートをすすめられると思います。

③6ヶ月までなら休んでも留年にならない

医師

でも、育休なんて取ったらJ-OSLER留年になってしまうのでは?

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

新内科専門医制度は6ヶ月までの育休なら留年せずに学年を上がることができます

新専門医制度FAQより引用

つまり、育休を6ヶ月取得しても必要な条件(レポート、学会、院内勉強会など)をクリアしていれば他の専攻医同期と同じタイミングで専門医試験を受けることができます

これは個人的な見解なんですが、育休の取得は最低でも3ヶ月以上がおすすめです。

ワンオペ育児・家事への慣れ、子の成長の実感、毎日の楽しさと苦しさの経験・・・

これらは1-2週間では到底経験できず、少なくとも3ヶ月かかったと実感しています。

おちば
おちば
僕も、6ヶ月の育休を取りましたが、留年せず学年を上げることができる予定です。

※ちなみにですが、初期研修中に休みを取りたい場合、留年しないようにするには3ヶ月(90日以内)に抑える必要があります。

つまり、専攻医のほうが長期間休めるのです。

もしどちらで休みを取るか悩んでいるならば、育休取得は初期研修よりも専攻医の間がよいかもしれません。

まとめ:J-OSLERと育休は相性がよいかもしれない

色々な場で不評なJ-OSLER(新内科専門医制度)ですが、ローテーション、レポート作成の時間、休める期間などを考えると育児休業との相性はいいのかもしれません

子どもを授かるタイミングは誰にもわかりませんが、内科専攻医でも育児休業は取得可能なので、積極的に検討してみてくださいね^^

読んでいただきありがとうございました!

■男性医師として育休を取って感じたメリット・感想をまとめてみました。

【男性医師の育休】男性医師が育休を取得する5つのメリット 研修医 妻が妊娠した。医師の僕も育児休業を取ってみようかな。 専攻医 なんとなく良さそうだけど、男性医師が育休を取るってどんな...

●おすすめの本

・新生児〜役に立つ育児の本です。SNSでも森戸先生は有名ですね。

・コウノトリのモデルとなった先生の本です。妻が妊娠し出産するまでの間、読みました。

おちば
おちば
ツイッターをやっていますので、気軽にフォローをお願いします。

育児や医療関連(J-OSLERなど)の内容をつぶやいています。

育休について質問も受け付けています^^

ABOUT ME
おちば
アラサーの男性。内科医。一児の父。 忙しすぎる若手医師に向けて、初期研修、J-OSLER、専門医試験、育児、資産形成などのお役立ち情報を、自身の経験をもとにゆるゆるアウトプットするブログです。趣味は音楽、読書、公園巡り、電車。